こんにちは。

 

今回のテーマはサメで。

サメっつーと、どうしても人喰いザメ系のサメがインパクト強くて有名だけど、世界にはいろんな種類のサメがおます。

shark

 

恐いの、大きいの、変わったの…。

メジャーからマイナーまで、世界のサメを紹介しましょう。

 

サメに詳しくなればだな、海のレジャー中に

 

「おっとここはオオメジロザメの生息域だ、気をつけて!キリッ」

 

なんてラブなロマンスも期待できるかもしれんぞ!

 

スポンサードリンク

 

危険なサメ

 

まずはやっぱり人喰い系から。

 

ホオジロザメ

img_3

名実共にキングオブ人喰いザメ

ジョーズのモデルになったサメは伊達じゃないぜ!

 

体長4〜6メートルにもなる巨体に鋭い歯、無機質な目とインパクトありすぎ。

血の臭いに敏感で、100万倍に薄めた1滴の血も嗅ぎ分けるという。

 

船のまわりを泳ぐホオジロザメ

 

 

オオメジロザメ

c0200118_1353714

体長4メートルほどのサメ。

ブルシャークとも呼ばれる。

 

海だけでなく淡水でも活動可能で気性も荒く、かなり危険とされる。

実際に人もよく襲われており、死亡事故も発生している。

スポンサードリンク

イタチザメ

02_04l

背中にトラみたいな横縞模様があるサメ。

 

サメの中で雑食性が最も強いとされ、胃袋からは金属や缶、プラスチックまで見つかることもあるという、超食いしん坊

もちろん人も捕食対象となる。

 

 

ヨシキリザメ

b0228988_1302136

サメの中でも最も広範囲に生息する種類のサメ。

世界中の温帯、熱帯地域の海で見られる。

 

人の死亡事故も発生しており、とっても危険。

獲物を襲う際は、対象の周りをゆっくり旋回しながら泳ぎ、それから攻撃に入る。

周りを泳がれたら「お前はもう死んでいる」

 

 

アオザメ

41045586_o1

吸い込まれそうなパッチリおめめに、流線型のメタリックブルーなボディをまとった、美しいサメ。

 

サメの中で最も速く泳ぐことができ、時速35キロを超えるという。

 

外洋に住むので、人と接触する機会は少ないけど出会ったら非常に危険。

でもフカヒレにされちゃう。

 

 

巨大なサメ

 

続いて巨大サメ。

 

ジンベエザメ

swimming-whale-shark

みなさんご存知、世界最大のサメ

現在生きている魚の中でも最大の種。

 

体長は10メートルを超え、背中の水玉模様が美しい。

そのでかい口でプランクトンを一気に吸い込んで食べる。

スポンサードリンク

ウバザメ

12b7c91f-s

この馬鹿でかい口がチャームポイント。

ジンベエザメに次いで、世界で2番めに大きい魚。

 

この巨大な口でプランクトンをごっそり。

非常にのんびりしたサメで、簡単に捕獲もできるため馬鹿ザメという名前をつけられたりする。

しどい(´・ω・`)

 

⇨「歩くサメ」がいるってホント!?

 

変わったサメ

 

変態的なサメたち。

 

メガマウス

04_01l

なんかちょっと恐い…。

 

水深200メートルくらいのぎりぎり深海に生息してる。

東京湾でも見られるが、発見回数がかなり少ないんで「幻のサメ」とも言われる。

 

まぼろしーー!!

 

やっぱりエサはプランクトン。

 

 

次ページ、生きた化石のサメ!!