こんにちは。

 

梅雨も終わりに近づくころから、虫たちの活動が活発になります。

gaichuu

暑いんで家の窓とかドアを開けることも多くなるけど、当然ヤツらが侵入してくる可能性もうなぎ上りよ!!

 

侵入対策は数あれど、侵入されるときはどうやっても侵入される。

なれば、それ相応の対応をせざるを得まいよ。

 

降りかかる火の粉は払わねばなりますまい!!

(昔のゲームのセリフなんだけどなぁ、わかる人いるかなぁ)

 

つーわけで、侵入してきた虫の対処方法をちょいとご紹介。

参考にしてみてくだされ!

スポンサードリンク

 

殺虫スプレー

gn-20110308-02

おそらく最もポピュラーな駆除方法。

直接手で触れることなく殺害できる。

 

ただし、人体には無害といいつつも、体に良いわけがないんで、使用後の換気や拭き取りは必要。

ペットにもよくない。

また、虫の種類によってもスプレーが異なったりするんで、けっこう面倒。

 

最近は人体・環境考慮型の殺虫成分のない冷凍スプレーなんかも見られる。

ただしこれは完全に凍死させるわけではないんで、また復活する可能性があるので注意。

 

 

 

設置型トラップ

1159-4902424434538_1

こちらもポピュラー。

一家に一台的な感じで、設置している家庭も多かろう。

ゴキブリなんかは、これを食って巣に帰り、巣ごと一網打尽にしてしまおうという恐怖の罠である。

 

確かに効果はあるが、デメリットもある。

・かえっておびき寄せてしまう

・ペットが食べないように注意

・期限切れものもはただのエサと化す

・ちょっと臭う

 

 

 

叩き殺す

4e6844db

一刻を争うがスプレーが無い!

 

ってときに一番確実で手っ取り早い、古典的殺法。

母ちゃんが得意なやつだ。

ハエタタキ、新聞紙、スリッパ、電流ハエタタキ、素手、手段は問わない。

 

ただ、その後の死体処理がめんどい。

ぐぬぬ…。

 

 

 

熱湯

news_large_DSC_2430

うまく命中させられれば、瞬殺できる。

人にも家にもとってもクリーンな方法。

 

ただ、そんなうまいこと熱湯があるか、というツッコミには応えられない。

 

押すなよ!絶対に押すなよ!!

 

スポンサードリンク

 

洗剤

02279

なぜに洗剤?

と思うかもしれないが、洗剤の主成分である界面活性剤が、虫の呼吸を止めてしまうのだ!!

 

うまく命中すれば、やつらを窒息死させることができる。

 

 

 

掃除機

20090312155830_741_

殺せないなら、吸引してしまえ!

ということで生み出された方法。

 

部屋を汚さなくて済むし、あとはゴミとして捨てるなり逃がすなり、好きに料理できる。

 

 

 

ヘアスプレー(ハードタイプ)

prod_superhardspray_img

意外や意外、頭髪用のハードスプレー。

これを噴射して、ガチガチに固めてしまおうというわけだ。

 

ただし、サイズの大きいやつに効果があるかは不明。

ていうか、これするなら殺虫スプレーのがいいと思うけどww

 

 

 

逃がす

catch_release_img02

不殺(ころさず)の精神を持つ、まさに聖人君主。

これができるあなたは、この荒んだ現代社会において、清らかな心を忘れず持っておられる方だ…。

 

拙者は頬に十字傷のある流浪人ではござらんので…。

 

 

 

と、いうわけでした。

虫が増える季節、ご自分の生活環境・趣向に合った方法で対処してね!