危険生物の記事一覧

こんにちは。

 

夜な夜な民家に忍び寄る黒い影…。

 

なんだアレは、イヌかネコか?

 

ち、違う!

このモフモフ感、顔の黒い模様…コイツはきっと

 

「なんかアライグマとかタヌキとかハクビシンとか、何かそーゆータイプのアレだ!!」

 

アライグマやタヌキといった動物たちの区別が付かない場合、

ともすればこのようなお粗末な判断に至ってしまうのである。

 

幼子や園児にヤツらの正体を尋ねられた大人がこの回答をひとたびでもしてしまえば、

 

「ああ、この大人は信用してはいけないんだな。」

 

と、「使えない大人」の烙印を押されるであろう。

 

その子らから向けられる視線はもはや、飼料に群がる家畜を見るソレである。

 

そうならないためにも、我々大人は野生への洞察を深めねばならない。

そしてスマートかつ知的な対応で、大人の余裕と貫禄を子供らに見せつけねばならないのだ。

 

「どうだぁ、大人はエライんだぁ!

媚びろ〜、オレは天才だぁ!!」

 

と。

 

今こそ子供たちにその叡智を見せつけてやるのだ!! 「アライグマとタヌキとハクビシンの違い、見分け方は!?比較してみた!!」の続きを読む »

危険生物, 哺乳類, 生物

こんにちは。

 

東京は目黒、都会の真ん中に佇む魅惑の花園。

そこで人々が目にするものは、目くるめく謎と神秘の世界である。

 

その世界の名は「目黒寄生虫館」…。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

そこでは恐ろしく、妖しい魅力を持った数々の寄生虫たちが我々を出迎えてくれるという。

 

このたび私めは、念願叶ってこの禁断の地へ足を踏み入れた。

それも我が最愛の嫁を連れて、である。

 

断っておくが、これは決して嫌がる嫁を無理矢理連れて行き、

 

「ぶおあぁ、これがサナダムシだぁ!

これが腸の中にいる気分はどうだ?ん!?」

 

という寄生虫プレイをしに行ったわけではない。

 

あくまで己の寄生虫に対する知見を深め、生物の多様性をこの目で垣間見ようという、知的好奇心の表れであることをご理解いただきたい。

 

そしてあわよくば嫁にこの神秘の世界の体験を通じて、寄生虫という大いなる存在への理解を深めてもらおうという、いわば啓蒙活動なのである。

 

そこには高尚な思想があるのである。

あるのである。。 「目黒寄生虫館のサナダムシがヤバイ!デートにも使えるのか検証してみた!」の続きを読む »

危険生物, 寄生虫, 生物,

こんにちは。

 

シカっていうとね、こう、草食系でスラッしてて、弱々しいじゃない。

鹿せんべい食って喜んでるようなね。

 

だが、シカし。

 

シカはシカでも、世紀末覇王のような体躯と凶器の如きツノを持ち、

 

「寄らば斬る」

 

とでも言わんばかりの殺気を放つ、ガッツリこってり肉食系なシカも存在するのだ。

000f0286

<出典:livedoor Blog

 

ソイツの名は「ヘラジカ」

名前こそ平凡なものの、その実態は世界最大最強のシカだ。

 

ヤツの勇姿を両の眼(まなこ)に焼き付けるがいい。 「ヘラジカの最大記録が超巨大!【動画】トナカイの2倍!?リンゴで酔っ払う」の続きを読む »

危険生物, 哺乳類, 巨大生物, 生物

こんにちは。

 

親の仇かっていうくらいに嫌わてるかと思いきや、ペットで飼ってみたりどこぞの夢の国に君臨してみたりと、評価が分かれるネズミ

mouse-1751232_640

 

一体好きなのか嫌いなのかどっちなんだww

 

とは言うてもネズミってたくさん種類がおりましてね。

好かれるネズミも嫌われるネズミもいろいろ紹介しませう。

 

なんだかんだ言って、ネズミ好きなんでしょうが。。 「ネズミの種類一覧!【画像】ペットから大型種まで世界のげっ歯類を紹介」の続きを読む »

ページ: 1 2

危険生物, 哺乳類, 生物

こんにちは。

 

水中にひっそりと潜み、獲物がいれば音もなく忍び寄りそして強力なアゴで食らいつく。

捕まった獲物は自力で逃げることはかなわず、あとは必殺「デスロール」で体をバラバラの肉塊にして食べるだけ…。

 

そんな恐るべきプレデター、ワニ

ラコステのブランドマークのアレだ。

crocodile-1660512_640

 

ラコステはいいぞ、うちのオヤジも着てる。

 

そんなブランドネームに決して引けを取らないほどの存在感をもつ、ワニたちの種類を紹介しよう。 「ワニの種類一覧!最大種の大きさがハンパない!!飼育は可能なのか?」の続きを読む »

ページ: 1 2

危険生物, 古代生物, 巨大生物, 爬虫類, 生物