哺乳類の記事一覧

こんにちは。

 

2017年7月12日、これが何の日かご存知だろうか。

 

なんとあのサンシャイン水族館がリニューアルオープンを迎えた日なのである。

 

そして奇しくも、奇しくも7月12日はこの私がこの世に生を受けた記念すべき日なのだ。

 

これはもう運命を感じざるを得ない。

これは行くしかないだろう。

むしろサンシャイン水族館がこっちに来て欲しいくらいである。

 

しかも都合の良いことに、ちょうどこのタイミングでは特設展である

「毒毒毒毒毒毒毒毒毒展・痛(もうどくてん・ツー)」が開催されている。

 

何だコレは、私宛てのサプライズのつもりか!?

ふはは、まるで私の記念すべき日を祝福しているかのようではないか!

 

かくして、世間では夏休みを迎えた7月末の土曜日に池袋の地へと降り立ったのである。 「リニューアルしたサンシャイン水族館でペンギンが空を飛ぶ!混雑状況、感想&レビューをば。」の続きを読む »

アリ, サメ, 両生類, 危険生物, 哺乳類, 水族館, 爬虫類, 生物, 軟体動物, ,

こんにちは。

 

荒ぶる野生動物、イノシシ

 

「猪突猛進」の言葉が示す通り、猛り狂ったきゃつらを御することこれ敵わず。

十二支の1つにその名を連ねる神聖な生物ながら、その存在はまさに暴君。

 

だが都会生まれ都会育ち、都会のヤツらは大体友達なシティボーイ・シティガールたちにはイノシシといってもいまいちピンと来ないだろう。

 

なぜなら、テレビや動物園という、安全地帯からしかその姿を拝んだことがないからだ。

 

イノシシの危険性を誠に知るは、その戦慄を生身で体験した者のみ。

 

 

つまるところ、私は都会生まれの都会育ちだと言いたいだけなのである。 「野生のイノシシに遭遇したら!?対処策や生態、どんな被害が出てるのか!?」の続きを読む »

危険生物, 哺乳類, 生物

こんにちは。

 

アルプスの高原に暮らす、「マーモット」という不思議な動物がいる。

 

ネズミのような風貌をし、後ろ足で立ち上がっては周囲を伺う様子には胸キュンを禁じ得ない。

 

ところがその可愛げな見た目とは裏腹に、人間の如き行動を見せることがあるという。

このような動物がいかにして人間を彷彿とさせるというのか。

 

いやまあ別にそこまで気を引くほどのことじゃなかったんだけど、今時のGoogle先生はすごいからね。

ちょっと検索したらいろいろ出てくるからね。

 

謎の生物、マーモットの生態を追ってみた。 「アルプスマーモットの鳴き声、ケンカが人間ソックリ!?生態について紹介するよ。」の続きを読む »

哺乳類, 珍獣, 生物

こんにちは。

 

夜な夜な民家に忍び寄る黒い影…。

 

なんだアレは、イヌかネコか?

 

ち、違う!

このモフモフ感、顔の黒い模様…コイツはきっと

 

「なんかアライグマとかタヌキとかハクビシンとか、何かそーゆータイプのアレだ!!」

 

アライグマやタヌキといった動物たちの区別が付かない場合、

ともすればこのようなお粗末な判断に至ってしまうのである。

 

幼子や園児にヤツらの正体を尋ねられた大人がこの回答をひとたびでもしてしまえば、

 

「ああ、この大人は信用してはいけないんだな。」

 

と、「使えない大人」の烙印を押されるであろう。

 

その子らから向けられる視線はもはや、飼料に群がる家畜を見るソレである。

 

そうならないためにも、我々大人は野生への洞察を深めねばならない。

そしてスマートかつ知的な対応で、大人の余裕と貫禄を子供らに見せつけねばならないのだ。

 

「どうだぁ、大人はエライんだぁ!

媚びろ〜、オレは天才だぁ!!」

 

と。

 

今こそ子供たちにその叡智を見せつけてやるのだ!! 「アライグマとタヌキとハクビシンの違い、見分け方は!?比較してみた!!」の続きを読む »

危険生物, 哺乳類, 生物

こんにちは。

 

白い動物は何かと話題である。

白ヘビとかね、白いってゆーだけで神の使いみたく神聖視されちゃったりね。

 

そんな中、白いライオン、ホワイトライオンが存在するのだ。

2

<出典:Sputnik 日本

 

ウヒョーッ!!

こいつぁすげぇぜ!!

 

いったい、この白いライオンは何なのか。

なぜ体が白いのか。

カッコいいからなのか。

 

ホワイトライオンの謎にせまれ! 「ホワイトライオンはアルビノじゃない!?【画像】どこの動物園で見れる?」の続きを読む »

ページ: 1 2

動物園, 哺乳類, 生き物の不思議, 生物