水族館の記事一覧

こんにちは。

 

2017年7月12日、これが何の日かご存知だろうか。

 

なんとあのサンシャイン水族館がリニューアルオープンを迎えた日なのである。

 

そして奇しくも、奇しくも7月12日はこの私がこの世に生を受けた記念すべき日なのだ。

 

これはもう運命を感じざるを得ない。

これは行くしかないだろう。

むしろサンシャイン水族館がこっちに来て欲しいくらいである。

 

しかも都合の良いことに、ちょうどこのタイミングでは特設展である

「毒毒毒毒毒毒毒毒毒展・痛(もうどくてん・ツー)」が開催されている。

 

何だコレは、私宛てのサプライズのつもりか!?

ふはは、まるで私の記念すべき日を祝福しているかのようではないか!

 

かくして、世間では夏休みを迎えた7月末の土曜日に池袋の地へと降り立ったのである。 「リニューアルしたサンシャイン水族館でペンギンが空を飛ぶ!混雑状況、感想&レビューをば。」の続きを読む »

アリ, サメ, 両生類, 危険生物, 哺乳類, 水族館, 爬虫類, 生物, 軟体動物, ,

こんにちは。

 

時はGW(ゴールデン・ウィーク)。

ここぞとばかりに日本国民たちが遊び呆けるウィークである。

 

各地のアミューズメントな施設やら観光名所は、これでもかと言わんばかりの家族連れで埋め尽くされる。

 

ふはは、そんな時期にあえてわざわざ出かけるなど愚の骨頂!!

 

ということで、大阪にある複合商業施設「EXPOCITY」に赴いた。

断じて、何もやることがなくてヒマを持て余していたわけではない。

 

その「EXPOCITY」の地には、「NIFREL(ニフレル)」という

水族館のような、でもちょっと違うような微妙な水族館がある。

 

ヒマ過ぎてネットサーフィンをしてたら偶然見つけただけである。

断じて、何もやることがなくてヒマを持て余していたわけでは(ry

 

今までに無い、新しいジャンルの水族館らしいのだが、

 

「フン、どうせ客寄せのための売り文句だろうが、ペッ!!

 

と、薄汚れた大人の心は感じてしまうのだが、

予想に反して

 

「あれ、なにコレ、意外と楽しいじゃない…」

 

まあつまりは、そのレビューをするよっていうことなんだ。 「大阪の「NIFREL(ニフレル)」に行ってきた!混雑状況、料金は!?」の続きを読む »

ページ: 1 2

動物園, 水族館, 生物

こんにちは。

 

古き良き日本を今に残す都、京都。

 

各所に高名な寺院や名所が存在し、言わずもがな日本を代表する観光地の1つである。

 

2017年を迎え、この1年を実りある年とすべく、初詣のために神聖なる都へと馳せ参上した。

 

だが、京の都で堪能できるのは古き良き日本だけではない。

 

2012年、この都の中心に水族館がオープンしたのである。

その名も京都水族館

 

そこでは京にちなんだ水棲生物や人気のイルカショーなどをこれでもかと見ることができるという。

 

京都が寺と舞妓だけではないことを、この目で確かめてやろうではないか。 「京都水族館に行ってきた!感想、レビューとか混雑状況とか。」の続きを読む »

両生類, 水族館, 生物,

こんにちは。

 

人類が未だ到達困難な世界、深海。

 

これだけテクノロジーが発達した現代においても、我々はその世界のごく一部しか知り得ない。

 

そんな暗闇の世界では、驚異の生態を持った巨大生物が悠々と泳いでいるという。

 

それが深海の巨大ザメ、「オンデンザメ」である。

<出典:i.imgur.com

 

深海に住むがゆえに、我々人類との接点がほとんど無い生物。

だが、ここ日本の駿河湾ではたびたびオンデンザメの姿が目撃されている。

 

深海の王者とも呼ぶべき巨大なオンデンザメに迫る!! 「深海のオンデンザメが巨大すぎ!!【動画】大きさ、寿命もハンパないぜ!!」の続きを読む »

サメ, 寄生虫, 巨大生物, 水族館, 深海, 生物,

こんにちは。

 

大海原を雄大な姿で泳ぐマンタ

manta-ray-1145955_640

 

ヤツらはダイバーたちにも、水族館でも圧倒的な人気を誇っている。

 

マンタの本名は「オニイトマキエイ」だけど、実はマンタは他にもいたり、

「ミニマンタ」なんて呼ばれるヤツまでいるのだ。

 

さらにマンタは泳ぐだけじゃなく、空まで飛ぶっていうじゃない。

 

マンタ、マンタと人気なわりにあんまり知られてないマンタの不思議をまとめてみたでござる。 「マンタ、ミニマンタが泳ぐ、空を飛ぶ!【動画】イトマキエイたちの生態とは!?」の続きを読む »

ページ: 1 2

巨大生物, 水族館, 生物,