生物の記事一覧

こんにちは。

 

季節は冬。

 

気温が低くなればなるほど、虫たちはその姿を隠す。

 

だがしかし、ここ極東の地JAPANの北の最果て北海道では、初雪を呼ぶまるで妖精のような虫が生息している。

<出典:Wikipedia

 

彼らは「雪虫」と呼ばれ、冬の風物詩として親しまれているのだ。

あらロマンティック。

 

…なんて、センチメンタル・ジャーニーな乙女心を持つ私(男)でさえ、

そのあまりに凄惨な現実を目にして、自分の両の眼を疑うことになるのであった。

 

一体北海道で何が起きたというのか。

「水曜どうでしょう」を超えるような出来事があったというのか。

 

次号を待て!!(いや、この号です) 「白い雪虫(トドノネオオワタムシ)が北海道で大量発生!?生態、生息地は?」の続きを読む »

生物,

こんにちは。

 

東京は目黒、都会の真ん中に佇む魅惑の花園。

そこで人々が目にするものは、目くるめく謎と神秘の世界である。

 

その世界の名は「目黒寄生虫館」…。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

そこでは恐ろしく、妖しい魅力を持った数々の寄生虫たちが我々を出迎えてくれるという。

 

このたび私めは、念願叶ってこの禁断の地へ足を踏み入れた。

それも我が最愛の嫁を連れて、である。

 

断っておくが、これは決して嫌がる嫁を無理矢理連れて行き、

 

「ぶおあぁ、これがサナダムシだぁ!

これが腸の中にいる気分はどうだ?ん!?」

 

という寄生虫プレイをしに行ったわけではない。

 

あくまで己の寄生虫に対する知見を深め、生物の多様性をこの目で垣間見ようという、知的好奇心の表れであることをご理解いただきたい。

 

そしてあわよくば嫁にこの神秘の世界の体験を通じて、寄生虫という大いなる存在への理解を深めてもらおうという、いわば啓蒙活動なのである。

 

そこには高尚な思想があるのである。

あるのである。。 「目黒寄生虫館のサナダムシがヤバイ!デートにも使えるのか検証してみた!」の続きを読む »

危険生物, 寄生虫, 生物,

こんにちは。

 

白い動物は何かと話題である。

白ヘビとかね、白いってゆーだけで神の使いみたく神聖視されちゃったりね。

 

そんな中、白いライオン、ホワイトライオンが存在するのだ。

2

<出典:Sputnik 日本

 

ウヒョーッ!!

こいつぁすげぇぜ!!

 

いったい、この白いライオンは何なのか。

なぜ体が白いのか。

カッコいいからなのか。

 

ホワイトライオンの謎にせまれ! 「ホワイトライオンはアルビノじゃない!?【画像】どこの動物園で見れる?」の続きを読む »

ページ: 1 2

動物園, 哺乳類, 生き物の不思議, 生物

こんにちは。

 

爬虫類人気の高まりの中、特異な性質を持つことで知られるカメレオンも人気である。

chameleon-1154457_640

 

目を左右で別々に動かし、体の色を周囲に同化させ、舌を伸ばして虫を捕食する…。

 

その無類な変態っぷり生態のおかげで高まるカメレオン需要。

 

時代はカメレオンを望んでいる!

 

てえことで、世界のいろんなカメレオンたちを集めてみましたよぉ。 「カメレオンの種類図鑑!値段、ペット飼育しやすいのはどれ?」の続きを読む »

ページ: 1 2

爬虫類, 生物

こんにちは。

 

ただでさえ玄人臭を撒き散らす爬虫類の中でも、さらに異彩を放つカメレオン

chameleon-276603_640

 

こんなカメレオンに興味を持たれたアナタは、まさに漢(おとこ)の中の漢(おとこ)。

 

暑苦しい漢たちとカメレオンという、世間の浮わついた女子供たちが喜ぶかわいいブームなどとは真逆を行く道は修羅の道よ。

 

そして世のカメレオン好きたちを唸らせる、これまた修羅の如きカメレオンが姿を現した。

それが「ミクロヒメカメレオン」

 

果たして、その姿やいかに!? 「世界最小のミクロヒメカメレオンが小さっ!!【動画】販売してるの?」の続きを読む »

ページ: 1 2

爬虫類, 生き物の不思議, 生物