魚の記事一覧

こんにちは。

 

古き良き日本を今に残す都、京都。

 

各所に高名な寺院や名所が存在し、言わずもがな日本を代表する観光地の1つである。

 

2017年を迎え、この1年を実りある年とすべく、初詣のために神聖なる都へと馳せ参上した。

 

だが、京の都で堪能できるのは古き良き日本だけではない。

 

2012年、この都の中心に水族館がオープンしたのである。

その名も京都水族館

 

そこでは京にちなんだ水棲生物や人気のイルカショーなどをこれでもかと見ることができるという。

 

京都が寺と舞妓だけではないことを、この目で確かめてやろうではないか。 「京都水族館に行ってきた!感想、レビューとか混雑状況とか。」の続きを読む »

両生類, 水族館, 生物,

こんにちは。

 

人類が未だ到達困難な世界、深海。

 

これだけテクノロジーが発達した現代においても、我々はその世界のごく一部しか知り得ない。

 

そんな暗闇の世界では、驚異の生態を持った巨大生物が悠々と泳いでいるという。

 

それが深海の巨大ザメ、「オンデンザメ」である。

<出典:i.imgur.com

 

深海に住むがゆえに、我々人類との接点がほとんど無い生物。

だが、ここ日本の駿河湾ではたびたびオンデンザメの姿が目撃されている。

 

深海の王者とも呼ぶべき巨大なオンデンザメに迫る!! 「深海のオンデンザメが巨大すぎ!!【動画】大きさ、寿命もハンパないぜ!!」の続きを読む »

サメ, 寄生虫, 巨大生物, 水族館, 深海, 生物,

こんにちは。

 

山梨県、東京都、神奈川県をまたいで流れる一級河川、多摩川

24180023_2

<出典:http://camerastylo.cocolog-nifty.com/>

 

護岸化されてない部分も多く、自然豊かな川として有名である。

 

だが近年、そんな多摩川に異変が起きているという。

日本には本来生息しないはずの熱帯魚や巨大魚たちがこの川で相次いで見つかっているのだ。

 

「こ、これではまるでアマゾン川ではないか…。」

 

人々は多摩川の異変を恐れ、いつしかこう呼ぶようになった。

「タマゾン川」と…。 「タマゾン川に熱帯魚やガー、ピラニアが!?多摩川の外来種がヤバイ件。。」の続きを読む »

ページ: 1 2

危険生物, 外来種, 生物,

こんにちは。

 

人類の好奇心をくすぐって止まない、洞窟

その奥深くには人類がまだ見ぬ世界が広がっている。

caves-2_2948990k

<出典:http://travelpress.jp/hang-son-doong.html>

 

だがそこは、同時に生物たちの格好の隠れ家でもあるのだ。

 

洞窟に住む生物たちは、独自の進化を遂げて過酷な環境に適応している。

そこではどんな生物が我々を待ち受けているのか!?

 

地上ではあまり見られない、一風変わった洞窟に住む生物を紹介しようぜよ! 「洞窟に住む生物たち!【画像】新種も発見される洞穴生物の特徴とは?」の続きを読む »

ページ: 1 2

コウモリ, 両生類, 生物, 甲殻類, ,

こんにちは。

 

世界は広しと言えど、まさかサメが歩くとは思うまいよ。

 

564-3

<出典:http://www.wound-treatment.jp/next/eiga/564.htm>

ファッ!!?

 

ていうか魚が歩いたらもう、魚である必要が無い。

お前は陸に上がってくるといい。

いつでもウェルカムだ。

 

その「歩くサメ」とやらは、一体どんなサメなのか。

その正体に迫る!! 「海底を「歩く」サメを発見!!新種も確認されたテンジクザメとは!?」の続きを読む »

ページ: 1 2

サメ, 新種, 生物,