鳥の記事一覧

こんにちは。

 

2017年7月12日、これが何の日かご存知だろうか。

 

なんとあのサンシャイン水族館がリニューアルオープンを迎えた日なのである。

 

そして奇しくも、奇しくも7月12日はこの私がこの世に生を受けた記念すべき日なのだ。

 

これはもう運命を感じざるを得ない。

これは行くしかないだろう。

むしろサンシャイン水族館がこっちに来て欲しいくらいである。

 

しかも都合の良いことに、ちょうどこのタイミングでは特設展である

「毒毒毒毒毒毒毒毒毒展・痛(もうどくてん・ツー)」が開催されている。

 

何だコレは、私宛てのサプライズのつもりか!?

ふはは、まるで私の記念すべき日を祝福しているかのようではないか!

 

かくして、世間では夏休みを迎えた7月末の土曜日に池袋の地へと降り立ったのである。 「リニューアルしたサンシャイン水族館でペンギンが空を飛ぶ!混雑状況、感想&レビューをば。」の続きを読む »

アリ, サメ, 両生類, 危険生物, 哺乳類, 水族館, 爬虫類, 生物, 軟体動物, ,

こんにちは。

 

どうやら射撃の名手は魚界にも存在したらしい。

 

ソイツの名は「テッポウウオ」

なんのひねりもないネーミングが逆に清々しい。

 

海にはテッポウエビっていう同じく射撃のプロがいたけど、今度は魚だ。

→ハサミから波動拳を出すテッポウエビ

 

何の変哲も無い、ただの白っぽい魚である。

<出典:フォト蔵

 

手足はおろか、銃など持つべくもないこの魚が如何にして射撃を行うのか。

その驚くべき生態が今!

明らかに!

なるのか!? 「テッポウウオの捕食(射撃)がスゴイ!!生息地は?飼育は可能なのか?」の続きを読む »

生物,

こんにちは。

 

世界最小の鳥、ハチドリ

 

ナスカの地上絵にも描かれたこの鳥は、鳥類の中で最も体が小さい種類の鳥である。

 

世界最大の鳥ダチョウと比べると、体高で40倍、体重で6750倍程度の差がある。

やべぇな。

 

そんな豆粒の如きハチドリが、ここ日本で度々目撃されるという。

 

バカな、日本に生息しないはずのハチドリが秘密裏に住み着いているのか!?

 

私はその真相を探るべく、Google神の力を最大限活用し、時間が空いたときっていうか、まぁちょっとヒマだな〜って思った感じのときに片手間でなんとなく調べてみることにした。

 

果たしてその真相やいかに!? 「ハチドリが日本に生息!?世界最小の美しい鳥が「ガ」に似てるという件」の続きを読む »

生物, ,

こんにちは。

 

美しく、ひ弱なイメージをもたれやすい鳥類であるが、世界にいるのはそんなモヤシ野郎のような鳥ばかりではない。

 

世紀末覇者のごとく強靭な肉体と鋭い殺気を放つ、ゴリゴリマッチョな巨大鳥は確かに存在するのだ。

1431012899548

<出典:https://mycode.jp/topics/vultures_metagenomics_gut.html>

 

そんな鳥類にしておくのがもったいなくなるようなデカイ鳥たちを紹介しよう。 「世界一大きな鳥はどれだ!?【図鑑】巨大鳥が走る!空を舞う!!」の続きを読む »

ページ: 1 2

危険生物, 巨大生物, 生物,

こんにちは。

 

最近ではフクロウカフェなるものまで人気になるほど、世間ではフクロウ愛が加熱しているようだ。

 

猛禽類ながらも、見た目の可愛らしさと大人しさが人気の理由だろうか。

 

そんな中で、異彩を放つフクロウがいる。

それがカラフトフクロウだ。

250px-Strix_nebulosaRB

<出典:ja.wikipedia.org

 

およそ可愛いとは言えない外見で佇むこのフクロウは、一体どんなフクロウなのか。

その姿に迫ってみよう。 「カラフトフクロウはかわいい、のか!?性格とか鳴き声はどんな?」の続きを読む »

生物,