2016年5月の記事一覧

こんにちは。

 

常生活に潜む、魔の手。

 

闇に蠢くアイツらは、血液を求めて日夜我々を狙っている。

ヤツらは吸血虫だ。

20120110172747

<出典:d.hatena.ne.jp

 

我々の命にも等しい血液を糧として生きる大胆にもしたたかな生物たちである。

 

しかし、ただ血を吸うだけならまだいいものの、

中にはとんでもない爆弾を仕込んでいく輩までいる。

 

そんな危険な吸血虫たちを紹介しよう。 「吸血虫の恐怖!!【画像】どんな種類がいる!?日本にもいるってマジ!?」の続きを読む »

ページ: 1 2

危険生物, 寄生虫, 生物,

こんにちは。

 

「オレより強いヤツに会いに行く」

 

そんな暑苦しいスピリットを地でいくニワトリがいる。

 

それが軍鶏(しゃも)である。

Shamo_chicken

<出典:ja.wikipedia.org

 

闘うために生み出され、闘うことでしか己を表現できない哀しき宿命(さだめ)を背負ったニワトリ。

 

そんな軍鶏と、飼い主である軍鶏師の仁義なき闘いの世界を紹介しよう。

絶対に負けられない闘いが、そこにはある。…たぶん。 「軍鶏の戦いが熱い!!【動画】闘鶏にかけるニワトリと軍鶏師の世界がヤバイ。」の続きを読む »

ページ: 1 2

生物,

こんにちは。

 

闇の空を飛び交う無数の黒い影…。

その不気味な姿は不吉の象徴ともされ、言われもなく嫌われてしまう存在。

 

それがコウモリである。

250px-Big-eared-to

<出典:ja.wikipedia.org

 

夜空を舞えば気味悪がられ、人家に住み着けば駆除され、何かと不遇な扱いを受けるコウモリ。

 

バットマンが知名度を上げてくれたお陰で首の皮一枚つながってるものの、コウモリの社会的地位は風前の灯火である。

 

ええい!

コウモリの凄さを見せつけて、汚名返上じゃあ!! 「コウモリの種類数は900以上!?日本のコウモリから吸血コウモリまで!!」の続きを読む »

ページ: 1 2

ウィルス, 危険生物, 哺乳類, 生物

こんにちは。

 

日本人にはお馴染みの高級魚、フグ

E38395E382B0

<出典:orgchemical.seesaa.net

 

あのなんとも言えぬ歯ごたえとあっさりした味がたまりませんなぁ。

 

しかしだ。

綺麗なバラにはトゲがあるように、

美味しいフグには毒がある。

 

「毒が恐くてフグが食えない」

という、人生の半分を損しているかのような人まで輩出してしまっている。

 

そんなフグ業界に吉報である。

なんとフグを無毒化することに成功したというではないか。

 

その話、ちょっと詳しく聞かせてもらおうか。 「フグには毒が無かった!?養殖フグで毒の症状・死亡事故が無くなる!?」の続きを読む »

ページ: 1 2

危険生物, 生物,

こんにちは。

 

そのカワイさと仏のごとし存在感から、絶大な人気を誇るネズミがいる。

ヤツの名はカピバラ

capybara-841153_640

 

たかがネズミと侮るなかれ。

今やその人気はどこぞの夢の国のネズミにも勝るとも劣らぬ。(適当)

 

「カピバラさん」なるキャラクターまで輩出され、子供から大人まで親しみやすい動物である。

 

そんなカピバラの姿とか鳴き声、生態について紹介しよう。 「カピバラの鳴き声って?【画像】温泉、動物園のカピバラが可愛い!ペットにも!」の続きを読む »

動物園, 哺乳類, 生物