2016年8月の記事一覧

こんにちは。

 

最近ではフクロウカフェなるものまで人気になるほど、世間ではフクロウ愛が加熱しているようだ。

 

猛禽類ながらも、見た目の可愛らしさと大人しさが人気の理由だろうか。

 

そんな中で、異彩を放つフクロウがいる。

それがカラフトフクロウだ。

250px-Strix_nebulosaRB

<出典:ja.wikipedia.org

 

およそ可愛いとは言えない外見で佇むこのフクロウは、一体どんなフクロウなのか。

その姿に迫ってみよう。 「カラフトフクロウはかわいい、のか!?性格とか鳴き声はどんな?」の続きを読む »

生物,

こんにちは。

 

海の底、深海は奇々怪々な生物の宝庫である。

その様相はまさに魑魅魍魎

 

そんな深海生物たちは、暗闇の中で独自の進化を遂げてきた。

ある者は発光し、またある者はなんだ、…発光する。

img_0

<出典:blogs.yahoo.co.jp

 

てことで、深海で怪しく光る発光生物たちと、発光する理由・仕組みについて紹介しよう。 「発光する深海生物たち!!光る理由・仕組みとは!?」の続きを読む »

ページ: 1 2

深海, 生き物の不思議, 生物,

こんにちは。

 

タスマニア島固有種の、タスマニアデビル

tasmanian-devil-802463_640

 

可愛らしい外見ながら、デビルの名を与えられたその動物は、かなり不気味な声で鳴くという。

デビルビームやデビルカッターを繰り出すわけではない。

 

そして意外なことに、タスマニアデビルは伝染病によって絶滅の危機に瀕している。

 

タスマニアデビルの身に一体何が起こっているのか!? 「タスマニアデビルの鳴き声が不気味!!ガンで絶滅しかけてるってホント!?」の続きを読む »

ページ: 1 2

哺乳類, 生物, 病気, 絶滅危惧種

こんにちは。

 

みんな大好き(?)、シシャモ(子持ち)。

我々日本人のご飯のお供。

 

カリッと焼いた表面に、プチプチ食感がたまらない卵は食卓の名脇役として不動の地位を築いている。

 

だがしかし、我々がシシャモと信じて疑わない魚が、実はシシャモではなかったらどうだろう。

 

そう、我々はだまされていたんだよ!!

20151020152319

<出典:yoshidaoffice.hatenablog.com

 

お約束の振りはこれくらいにして、どうぞ。。 「シシャモは偽者だらけ!?シシャモに似てる魚「カペリン」との違いとは?」の続きを読む »

ページ: 1 2

生物,

こんにちは。

 

一度見たら忘れられないその姿と名前で、かつて一世を風靡した生き物がいる。

ソイツの名はウーパールーパー

 

薄ピンク色のボディに、何も考えてなさそうな顔

(*゚‐゚)ボー・・

c139b02f5281ca7430e34afad90debd7

<出典:peco-japan.com

 

ぐぅたまらんw

 

未だに人気衰えぬウーパールーパーの飼育についてと、

「ていうかウーパールーパーって何やねん」っていう疑問にお答えしよう。 「ウーパールーパーの飼い方、値段は?名前の由来と生態、種類も紹介。」の続きを読む »

ページ: 1 2

ゲテモノ, 両生類, 生き物の不思議, 生物