スポンサードリンク

こんにちは。

 

昆虫界でも屈指のカッコよさを誇るカミキリムシ

 

シャキーンと伸びた触角、シュッとした体格、バァーンとしたアゴ、

そして仮面ライダーのようなカッとした眼、どれをとっても美しい。

 

なお、異論は認めない。

 

たとえ農業従事者からは害虫と疎まれながらも、カッコいいものはカッコいいのだ。

 

世界で2万種類を超えるほどのカミキリムシたちの姿と生態をババーンと紹介しよう。

あと一応駆除の話もちょいと。 「カミキリムシ図鑑!!【画像】いろんな種類や幼虫、生態について」の続きを読む »

生物,

こんにちは。

 

世界中の海に生息する、サメとエイ

どちらも軟骨魚類として知られているが、その形態は大きく違っている。

 

サメはこう、いかにも魚的な流線型をイメージするけど、

エイは平べったくてヒレがビロビロしている。

 

だがしかし、世の中広いもんで、サメなのかエイなのかよくわからない生物もいるのである。

おかげでこちとら、特に気にもならず夜もグッスリ眠れるので別に困らないわけだが、いやしかし、

 

「それがわからんとメシも喉を通らん。飢えて死ぬ。」

 

という切羽詰まった御仁もおられるかと思い、救済の手を差し伸べようと思う。

今ココに、インターネットという集合知の力私のサメ・エイ脳の力を見せてしんぜよう! 「サメとエイの違いとは!?サカタザメ、カスザメとかがサメかエイかわからない。。」の続きを読む »

サメ, 危険生物, 生き物の不思議, 生物,

こんにちは。

 

人々を恐怖のどん底に陥れる、危険なサメたち。

 

その牙はダイバー、サーファーだけにとどまらず、時にいたいけな海水浴客にまで及ぶ。

特に冒頭、海でイチャついてるカップルとかDQNは間違いなくその餌食になるからみんなも気をつけよう。

 

ていうかこれはもう様式美。

これがないと始まらない。

 

てことで人間に危害を及ぼす可能性のあるサメを独断と偏見で危険度ランキングにしてみたでござるよ。

 

みなさんも海にお出かけの際はご注意を…。 「最も危険なサメの種類は!?ランキングにしてみた!!」の続きを読む »

サメ, 危険生物, 生物,

こんにちは。

 

日本では非常に一般的な淡水魚、「ドジョウ」

<出典:東京淡水魚図鑑

 

今では何か昔懐かしいイメージすらもたれてしまうほど、見かけなくなってしもうた。

 

今の都会のヤングたちは、ドジョウを知ってるのかね。

昔はよく近くの川で採れたもんだがのう。

 

今こたび、忘れ去られようとしているドジョウに再び日の目を見せるために私は立ち上がった。

 

ドジョウたちよ、歓喜せよ!

今、ドジョウの輝ける姿をドバーンとクローズアップするのだ!

そしてあわよくばドジョウ料理を食ってみたい。 「ドジョウの種類と見分け方、生態は?飼育や料理も可能!」の続きを読む »

生物,

こんにちは。

 

この世に唸るほどの種類が存在する

地球は虫たちに席巻されていると言っても過言ではない。

 

だがしかし、「虫」というその曖昧な単語に違和感を覚える者たちが現れた。

 

一体、虫とはどこからどこまでを指し、「昆虫」とは何が違うのかと。

 

思い出して欲しい。

我々は幼い頃、カタツムリのことを「でんでん虫」と教わった。

 

果たしてこれは真実なのか。

我々は何かとてつもない捏造、いや、もっと恐ろしい陰謀に巻き込まれているのではないのか。

 

今、過去の呪縛が闇のヴェールとともに解き明かされる…!!(適当) 「昆虫と虫の違いとは!?クモとかムカデ、カタツムリは何の仲間??」の続きを読む »

生き物の不思議, 生物, , 軟体動物