スポンサードリンク

こんにちは。

 

寿司やら刺身やら潮干狩りやらで、日本人にはお馴染みの

103466

<出典:https://kotobank.jp/>

 

外国料理でも貝はよく使われるんで、人気も高い。

 

実はワタクシ、こう、貝の独特の食感がわりと苦手なわけだが、

サザエとか正直何がウマイのかよくわからんわけだが、

今、あえて貝を語ろう!

 

食べれる貝から巨大貝、危険な貝、へんちくりんな貝まで何でもござれだ!! 「貝の種類図鑑!食用貝から巨大貝、危険な貝までヌルッとお目見え!!」の続きを読む »

ページ: 1 2

危険生物, 外来種, 巨大生物, 生物, , 軟体動物

こんにちは。

 

世界は広しと言えど、まさかサメが歩くとは思うまいよ。

 

564-3

<出典:http://www.wound-treatment.jp/next/eiga/564.htm>

ファッ!!?

 

ていうか魚が歩いたらもう、魚である必要が無い。

お前は陸に上がってくるといい。

いつでもウェルカムだ。

 

その「歩くサメ」とやらは、一体どんなサメなのか。

その正体に迫る!! 「海底を「歩く」サメを発見!!新種も確認されたテンジクザメとは!?」の続きを読む »

ページ: 1 2

サメ, 新種, 生物,

こんにちは。

 

世界には「珍獣」と呼ばれる珍しい生物が数多くいるけど、この「センザンコウ」もその1つである。

senzanko

<出典:peary.jp

 

その体は硬いウロコで覆われているという、哺乳類で唯一無二の存在。

まさに珍獣中の珍獣である。

 

その珍獣・センザンコウとは、一体どんな生物なのか。

その貴重な存在に迫る! 「センザンコウがかわいい!?硬いウロコを持つ哺乳類が珍獣すぎるw」の続きを読む »

ページ: 1 2

哺乳類, 珍獣, 生物, 絶滅危惧種

こんにちは。

 

空を飛ぶことができるのは鳥や昆虫の類の特権である。

 

だがしかし我々人類のように空を飛ぶことを夢見た生物たちがいるという。

 

それは爬虫類。

なんだ、ヘビやトカゲが空を飛ぶだと!?

 

そんな冗談に付き合っているヒマはない。

我々日本人は忙しいのだ。

 

maxresdefault

あるぇ〜!?( Д)

 

てことで、どうぞ。 「空飛ぶヘビに空飛ぶトカゲ!?爬虫類だって空を飛んでみたいのさ!」の続きを読む »

ページ: 1 2

爬虫類, 生物,

こんにちは。

 

我々人類と同じように、生物界には親が子守をする存在が知られている。

 

コモリガエルは、母カエルが自らの背中で大事に大事に卵を育てる、稀有な両生類として知られている。

0292_1

<出典:toshitoshi.jp

 

産んだら産みっぱなしのカエルが多い中、なんとも甲斐甲斐しく卵の世話をするカエルの姿に、我々は感動を禁じ得ない。

 

児童虐待が叫ばれる昨今、このカエルを見習うべきなのかもしれない。

 

だがしかし、そんなことがどーでもよくなるほどに衝撃的な光景を目の当たりにすることになるのであった…。 「コモリガエル(ピパピパ)の産卵が気持ち悪っ!!【動画】背中からカエルが…」の続きを読む »

ページ: 1 2

両生類, 生物, 絶滅危惧種