生態の記事一覧

こんにちは。

 

季節は冬。

 

気温が低くなればなるほど、虫たちはその姿を隠す。

 

だがしかし、ここ極東の地JAPANの北の最果て北海道では、初雪を呼ぶまるで妖精のような虫が生息している。

<出典:Wikipedia

 

彼らは「雪虫」と呼ばれ、冬の風物詩として親しまれているのだ。

あらロマンティック。

 

…なんて、センチメンタル・ジャーニーな乙女心を持つ私(男)でさえ、

そのあまりに凄惨な現実を目にして、自分の両の眼を疑うことになるのであった。

 

一体北海道で何が起きたというのか。

「水曜どうでしょう」を超えるような出来事があったというのか。

 

次号を待て!!(いや、この号です) 「白い雪虫(トドノネオオワタムシ)が北海道で大量発生!?生態、生息地は?」の続きを読む »

生物,

こんにちは。

 

昆虫界の獰猛なハンター、カマキリ

praying-mantis-1590268_640

 

どうにもカマキリは、寄生虫がいたり共食いしたり人相が悪かったりで、イメージが悪い。

あなたの周りにも、男を食い物にするカマキリ女が1人くらいいるだろう。

 

今回はそんなカマキリの驚くべき見た目を持つ種類とか、卵やら共食いやらの真実について解説していこう。

なお、真偽のほどは保証できぬ。 「カマキリの種類が面白い!!カマキリの卵、脱皮、寄生虫などの生態とは?」の続きを読む »

ページ: 1 2

寄生虫, 生物,

こんにちは。

 

北海道名物、マリモ

 

阿寒湖でたゆたうその姿は、まるで抹茶きなこダンゴのような神秘さをたたえている。

kushiro-marimo-2

<出典:f-pedia.r-cms.biz

 

なぜマリモは丸いのか。

マリモだから丸いのか、丸いからマリモなのか…。

 

キーホルダーなどの土産物はもちろんのこと、

「まりもっこり」などという破廉恥極まりないキャラクターまで誕生するほどの人気を誇るマリモの謎に迫る。 「マリモはなぜ丸くなるのか?阿寒湖以外でも??生態と育て方についても紹介。」の続きを読む »

ページ: 1 2

植物, 生き物の不思議, 生物, 絶滅危惧種

こんにちは。

 

2016年、アホウドリ業界に大きな衝撃が走った。

 

なんと戦後初めて、小笠原諸島の聟島(むこじま)と嫁島で

アホウドリの繁殖に成功したのだワッホーイ!!

ground-387338_640

 

全国のアホウドリファンの皆様、おめでとうございます。

ならびにアホウドリプロジェクト関係者の皆様、おめでとうございます。

 

かねてよりその存在を虐げられてきたアホウドリの、涙無しには語れない不遇の人生(鳥生?)と生態に迫る。 「アホウドリが小笠原諸島で繁殖に成功!!名前の由来、生態は!?」の続きを読む »

ページ: 1 2

生物, 絶滅危惧種,

こんにちは。

 

モの種類は全世界に3,5000種類もいるけど、

「世界で最も美しいクモ」と言われるのがクジャクグモである。

 

「クジャク」の名前の通り、クモのくせに超シャレオツ

ed4cb5aa

<出典:hennaikimono.blog.jp

 

このシャレオツなクモが、これまたシャレオツなダンスを踊るというではないか。

コイツは一体何者なんだ。

 

てことでクジャクグモについて調べてみたぽん。 「クジャクグモ(ピーコックスパイダー)の求愛ダンスが美しい!?どんな生態のクモ!?」の続きを読む »

ページ: 1 2

生物,