アルバイト求人

スポンサードリンク

こんにちは。

 

タスマニア島固有種の、タスマニアデビル

tasmanian-devil-802463_640

 

可愛らしい外見ながら、デビルの名を与えられたその動物は、かなり不気味な声で鳴くという。

デビルビームやデビルカッターを繰り出すわけではない。

 

そして意外なことに、タスマニアデビルは伝染病によって絶滅の危機に瀕している。

 

タスマニアデビルの身に一体何が起こっているのか!? 「タスマニアデビルの鳴き声が不気味!!ガンで絶滅しかけてるってホント!?」の続きを読む »

ページ: 1 2

哺乳類, 生物, 病気, 絶滅危惧種

こんにちは。

 

みんな大好き(?)、シシャモ(子持ち)。

我々日本人のご飯のお供。

 

カリッと焼いた表面に、プチプチ食感がたまらない卵は食卓の名脇役として不動の地位を築いている。

 

だがしかし、我々がシシャモと信じて疑わない魚が、実はシシャモではなかったらどうだろう。

 

そう、我々はだまされていたんだよ!!

20151020152319

<出典:yoshidaoffice.hatenablog.com

 

お約束の振りはこれくらいにして、どうぞ。。 「シシャモは偽者だらけ!?シシャモに似てる魚「カペリン」との違いとは?」の続きを読む »

ページ: 1 2

生物,

こんにちは。

 

一度見たら忘れられないその姿と名前で、かつて一世を風靡した生き物がいる。

ソイツの名はウーパールーパー

 

薄ピンク色のボディに、何も考えてなさそうな顔

(*゚‐゚)ボー・・

c139b02f5281ca7430e34afad90debd7

<出典:peco-japan.com

 

ぐぅたまらんw

 

未だに人気衰えぬウーパールーパーの飼育についてと、

「ていうかウーパールーパーって何やねん」っていう疑問にお答えしよう。 「ウーパールーパーの飼い方、値段は?名前の由来と生態、種類も紹介。」の続きを読む »

ページ: 1 2

ゲテモノ, 両生類, 生き物の不思議, 生物

こんにちは。

 

高度な社会生活を営む昆虫、アリ

 

ヤツらの巣は、そんなアリ社会を反映しているかのごとく複雑で発達した機能を持っている。

 

細かく枝分かれした内部構造、水没対策、土の中以外の営巣などなど、アリの巣は徹底的に考え抜かれているのだ。

Ant_Nest

<出典:ja.wikipedia.org

 

アリの巣コロリで一家殲滅する前に、まじまじと観察してみようじゃないか。 「アリの巣観察が面白い!!巣の構造は超複雑!?植物の中に巣を作るアリまで…。」の続きを読む »

ページ: 1 2

アリ, 植物, 生物,

こんにちは。

 

北海道名物、マリモ

 

阿寒湖でたゆたうその姿は、まるで抹茶きなこダンゴのような神秘さをたたえている。

kushiro-marimo-2

<出典:f-pedia.r-cms.biz

 

なぜマリモは丸いのか。

マリモだから丸いのか、丸いからマリモなのか…。

 

キーホルダーなどの土産物はもちろんのこと、

「まりもっこり」などという破廉恥極まりないキャラクターまで誕生するほどの人気を誇るマリモの謎に迫る。 「マリモはなぜ丸くなるのか?阿寒湖以外でも??生態と育て方についても紹介。」の続きを読む »

ページ: 1 2

植物, 生き物の不思議, 生物, 絶滅危惧種