スポンサードリンク

こんにちは。

 

島国日本には、それはそれは多くの固有種が存在している。

 

その中の1つ、奇妙な生態を持つ「マイマイカブリ」

<出典:の昆虫

 

「まい」という名前の女子はすべからく「まいまい」というアダ名を付けられるというウワサだが、そのまいまいではない。

 

カタツムリを食べることで知られるこの昆虫は、海外の昆虫ゲッターたち憧れの的だというではないか。

 

彼らを魅了して止まないマイマイカブリの生態とはいかなるものなのか!? 「マイマイカブリがカタツムリを喰らう!生態やエサ、幼虫の意外な姿とは!?」の続きを読む »

危険生物, 生物,

こんにちは。

 

どうやら射撃の名手は魚界にも存在したらしい。

 

ソイツの名は「テッポウウオ」

なんのひねりもないネーミングが逆に清々しい。

 

海にはテッポウエビっていう同じく射撃のプロがいたけど、今度は魚だ。

→ハサミから波動拳を出すテッポウエビ

 

何の変哲も無い、ただの白っぽい魚である。

<出典:フォト蔵

 

手足はおろか、銃など持つべくもないこの魚が如何にして射撃を行うのか。

その驚くべき生態が今!

明らかに!

なるのか!? 「テッポウウオの捕食(射撃)がスゴイ!!生息地は?飼育は可能なのか?」の続きを読む »

生物,

こんにちは。

 

この世にはびこる、「可愛い」の呪縛。

 

もはや「可愛い」と口にするだけで女子力の高さを表しており、もはや可愛くないものはお茶の間で話題にさえされない。

 

ゆえに「ブサかわいい」だの「キモかわいい」だの、強引に「可愛い」をつけることで女子から注目されようという輩まで出る始末。

キモいもんはどうしたってキモいからね。

 

そんな「可愛い旋風」は、海の中にまで浸透。

反則級に可愛い魚がいるというではないか。

 

その名も「ダンゴウオ」

<出典:ブログトップ – So-net

 

ダンゴ好きの私からすれば、名前だけでどツボである。

 

さあ、世の女子よ、可愛いものを見たくばダンゴウオを見るがいい。 「ダンゴウオ(フウセンウオ)が可愛いぞ!!飼い方や販売価格、採集場所は?」の続きを読む »

生物,

こんにちは。

 

アルプスの高原に暮らす、「マーモット」という不思議な動物がいる。

 

ネズミのような風貌をし、後ろ足で立ち上がっては周囲を伺う様子には胸キュンを禁じ得ない。

 

ところがその可愛げな見た目とは裏腹に、人間の如き行動を見せることがあるという。

このような動物がいかにして人間を彷彿とさせるというのか。

 

いやまあ別にそこまで気を引くほどのことじゃなかったんだけど、今時のGoogle先生はすごいからね。

ちょっと検索したらいろいろ出てくるからね。

 

謎の生物、マーモットの生態を追ってみた。 「アルプスマーモットの鳴き声、ケンカが人間ソックリ!?生態について紹介するよ。」の続きを読む »

哺乳類, 珍獣, 生物

こんにちは。

 

海の中には、片腕に銃をつけたガンマンがいるという。

 

「片腕が銃」っていうだけでもうコブラのオッサンしか思い浮かばない私はオッサンなのだろうか。

<出典:今日はヒトデ祭りだぞ!

 

ヒューッ!

 

 

だがしかし、ヤツはコブラではない。

その名も「テッポウエビ」

それはまぎれもなくエビさ!

 

我々の知っているエビの手はサイコガンなどではなく、ハサミである。

そのハサミから一体どうやって弾丸をぶっ放すのか。

 

さあ、能書きはここまでだ!

オレのサイコガンが火を吹くぜぇーっ!!

「テッポウエビがプラズマを出す!?キャビテーションの衝撃波がスゲーらしい。」の続きを読む »

生き物の不思議, 生物, 甲殻類